Category

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Flickr

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

SiemReap(5)/2006.12.3→Japan

いやいや、やっと冬らしく寒いですね、今日は!!寒すぎ。
年末お正月糸魚川に引き篭もろうと親戚に電話したら「雪なんてないわ」とのお答え。
雪山三昧したかったのだけどシーサイドバレーは滑走不可でゲレンデオープンも延期。
なんとかシャルマン火打が昨日今日で盛り返したっぽいけど・・・
今年は糸魚川近辺はないかな・・・
白馬までもすぐだけどいつも連れて行ってくれる叔父が入院中
イトコの子供も大学受験なので今年は(多分)横浜で過ごしますよー。

旅行日記も今日で最後ー!!

最終日。この日の夜便でカンボジアをたつので時間は余裕がある。
この日は遺跡見学はまったく考えていなかったので
午前中はマーケットに見学&買い物にいくことに。
午前中Mr.Pがトゥクトゥクで迎えに来てくれてとりあえず希望して向かったのは
よく団体旅行が行くお土産やさん。色々凝縮されてるからね(笑)
カンボジアは宝石が実は有名。カワイイ赤い石が入った指輪を発見。
50ドルって言われたから15ドルなら買うって言ったらさすがにひかれた・・・
ディスカウントしすぎたか・・・??
結局買わずにホテルから歩いて5分ほどのところにあるセンターマーケットへ。

ここで一気にお買い物。
といっても買ったのはこれだけ・・・

10d-1.jpg 10d-2.jpg


赤い石が入ったブレスレット→自分用
TINTINのカンボジアバージョンTシャツ(大人用×1、子供用×2)→イトコ子供用
カンボジアシルクのスカーフ×2→近所のおば様方用

えっと、子供用Tシャツ、実は小さすぎて着れないことが判明。
どなたかもらってください・・・(お子様がいる方・・・)

すっかり満足してホテル近くに戻ってMr.Pを解放することに。本当に3日半オツカレ!
そのまま料金交渉。適当に計算してこれでいい?というとMr.Pは受け取らない。
「これ受け取るとマミコは日本に帰っちゃうんだよね?」というので
「受け取らなくても帰るけど?」と言ったら・・・

Mr.Pが泣き始めてしまった。えええーーーーっ!!ちょっと待て!!!

周りにトゥクトゥクのドライバーも5,6人集まってきていて
「マミコはPのことは好きじゃないの?」「Pを日本連れて行かないの?」
「Pはマミコがいなくなったら寂しいんだよ」「すぐ戻ってくるんだよね」
などなど散々冷やかされ・・・笑われ・・・
気付けば1時間もそんなこんなでグダグダしていた・・・
なんとかなだめてお金を渡してやっとサヨナラ。

ホテルまで100mくらいあったので歩いていると
遠くからMr.Pが「マミコーーー!!!」と叫んで手を振っている。
道端に止まってたトゥクトゥクのドライバー達にも「マミコー!」
「マミコ、呼んでるよー」「マミコ、マミコ?」「オマエがマミコ?」と連呼される始末・・・

部屋に戻ってほっとするのもつかの間すぐチェックアウト時間だったので荷物をフロントに預ける。
最後のチップはツルを折ってそこにはさんでおいた。

10d-3.jpg



チェックアウト後ホテル内のSPAへ。(プールサイドにある)
足のマッサージ、トリートメントと、ネイルをやってもらうことに。

この日はプールで泳いでる人が多かったのだけど
本当に欧米の方はスタイルが素晴らしいですね・・・
そんなん眺めながら施術してもらいました・・・

10d-4.jpg 10d-5.jpg


途中で軽食がでるのですよ。
全部で2時間弱くらいのコースだったんだけど終わってから爆睡してたら
そのまま起こされずそこに放置されてました(笑)
お金を払いに行くと、「マミコはジャパニーズなの?」と言われて
「そうだよー」と言うと「見えない!」とまた言われてしまった・・・
顔もそう見えないし、このホテルに一人で泊まる日本人の女はまずいないらしい(苦笑)

まだ時間に余裕があったので歩いて15分くらいのオールドマーケットに散歩に行こうとしたら
この旅初めての雨!(スコール)20分ほどで止んだけどそれまで
プールサイドのベッドでボーーーっ・・・あぁなんか幸せすぎる。

止んでからトボトボ歩いてマーケットへ。

10d-6.jpg 10d-7.jpg


いわゆる繁華街的なオールドマーケット周辺。夜になると相当盛り上がる!!
センターマーケットと違ってとにかくいろいろなものが混在。
生肉売り場での臭いは半端じゃなかった!!

10d-8.jpg 10d-9.jpg

10d-10.jpg 10d-11.jpg


ここでは何も買わず見て満足。
そのまままた歩いてホテルに戻ろうとすると、道の反対側から「マミコ!」と呼ぶ声が。
バイタクドライバーのV君だった!!毎日ホテル前で話していた一人でまだ若い男の子。
「乗っていきなよ」といわれたけど近かったし一回は断ったのだけど
無理やりのせられ「おなかが空いた」というV君に屋台に拉致される。
結局一緒にご飯を食べてご馳走までしてもらった・・・

彼はNYに4回ほど旅していていろんなことに詳しくて話をしていてとても楽しかった。
食べ終わって「まだ時間あるよね?フルーツ好き?」と言われ
答える隙もなく向かったところはセンターマーケット裏にあるフルーツ売り場。
そこでマンゴー、バナナ、不明な果物をお土産で持たせてくれた。コレ↓
10d-12.jpg 10d-13.jpg

なんなく飛行機に持ち込めたのでパクパク帰りの飛行機で食べてしまった。
マンゴー激ウマ!こんな美味しいのはじめて!

そこのお店はV君のお姉さんが働いていてエライ美人だった。
V君もなかなかのオトコマエだったしなぁ。
結局バイタクの料金も受け取ってもらえずなんか悪い事をしてしまった・・・。

そしてフロントに行くと、「マミコ、もう時間ギリギリだよ!」と
フロントマンにせかされ車で空港に向かったのでした。

10d-14.jpg

車窓からみる夕暮れがとってもキレイで色々思い出してたら
ウルウル(次の日会社ということもあって悲しくなったってのもあるw)

空港についてチェックインしていざ搭乗口に向かおうとすると・・・
あぅ!空港使用料25ドルが必要だ!!
日本だと航空券買うときに一緒に払うからなんとも思わないけど
バンコクでもそうだったけどすぐにその存在を忘れる・・・

財布を見たら・・・23ドルしかない・・・・(涙)
カードが使えると書いてあったのでそれで払おうとしたらこの日に限って
カードの機械が壊れていて使えないとの張り紙が・・・
日本円は1万円札のみしかない・・・泣く泣く最後の最後で両替・・・
直前に飲んだマンゴースムージー2ドルが仇となったのでした・・・
はぁぁ・・・ガックリしながら乗り継ぎ地のバンコクへ。

隣はこれまた国籍不明なオジサマが。
英語でしゃべっていて、住んでるところの話になり、「横浜です」。
と答えると「なんだ!」と日本語で話しはじめた!3世でLA在住の方でした。
やっぱり私、日本人に見えないらしい・・・

今年の初めにLAに行った話をして「また行きたいんです」と話をしたら
いつでも遊びにきていいよ!と言ってくださったのでいつか甘えようと思います(笑)

バンコクに到着してダッシュ!すぐ日本行きのSQのチェックインをして
「通路側希望!」と叫んだらもう一杯でダメでした・・・
久々のど真ん中席。隣は気の強そうなおばちゃんだったので
トイレも一回も行かず寝続けて早朝日本に到着したのでした・・・
ま、6時間までならガマンできます・・・アジア万歳!

今回の旅は本当に色々な人と触れ合って、親切沢山!
欧州とは全然違うタイプの旅でしたね。

初アジア旅行、かなーり勉強になりました!

来年は・・・うーん・・・どうしよっかな。
また新たなる地域に挑戦したいかも!!と思いはじめてます!

10d-15.jpg


Mr.Pと特に仲良かったMr.D  

本当に色々ありがとう!



そんなわけでほぼ毎日Mr.Pからはメールがきます(笑)


社長はこれから青島さんのお通夜にいくようです。
社長、青島さんの元秘書なんですよねー。
本当に限りなく黒に近い灰色の社長ですわ。






スポンサーサイト

  1. 2006-12-26(Tue) 11:58:48|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 18

The suburbs(4)/2006.12.2

眠いー。久々にこの午後ウトウトしております。
午前中機材返却ついでに渋谷のユニクロでこんなもの一生買わないと思っていた
スキニーデニムというヤツをブーツイン専用として買ってしまった。
GAPのカシミヤニットもかなり可愛かったけどガマン。

明日お給料+なんとか超小額ですがボーナスがでます。
全部旅行のカード支払いでなくなります。つか、全然足りないし(涙)
TODSのバッグがやはり痛かったわー。
でも来年1月でカード支払いは全部終了。もう半年は絶対にカード使わない。

と、計算しながら途方にくれていたら
うちの会社の新入社員の一番の若者(24歳)が来年結婚すると発表。
一気に目が覚めたんですが!!!!まーじーでー!!
他の人ならショックも受けないんだけどなぜか彼には先を越された感が。w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで遺跡見学3日目。この日も郊外へ!

朝からまた運転手軍団と戯れて8:00に出発。
まず目指したのはクバールスピアン。ここもどうしても行きたかったところ。
ベンメリアよりは近いけど道が舗装されていない悪路なため相当な時間がかかる。
ここも地雷撤去が完了しておらず山道を登ることになり危険なため
信用のおけるガイドが必要とのこと。

郊外はおすすめされていないバイクでいって、大正解。
ここ、車だったらかなりキツイと思う。本当にみんな車できたの?と聞いてしまったほど。
でもバイクでもあまりの道の悪さに加えものすごい赤土埃にまみれながら
五臓はひっくり返り久しぶりに具合がわるくなった。
こけない様に気持ちも張っていないといけないし・・・こんなで2時間弱はかなり大変。
お尻も痛くてたまらない。
(ちなみにシャツはすっかり赤く染まり洗濯しても落ちなかった・・・)

川底や川岸に遺跡が残っていて面白い遺跡なのだけど
駐車場から30~40分山を登っていかなければならない。
ここでまたMr.Pに不安を覚えたため、私一人で登ろうとした。
が・・・Mr.Pは一緒についてくるという。
比較的観光客が多いところだったのでなるべくその人たちと離れず一緒に登る事にした。
汗ダラダラになりながら登って行き着いた先には!

9d-1.jpg

9d-2.jpg


キレイなんですよ~水の中に!水辺に!遺跡が!!
この細かい丸いのはリンガといってリンガを流れた水は聖水となり
この水で沐浴すると幸せになれると聞いたので近くにあった滝で頭から水かぶってきました(笑)
川底には無数のリンガを作るとよりパワーのある水となったのだとか。

また同じ道を下り、お昼を食べる事に。
ここ(駐車場の並びのお店)のチキンスープが絶品という事で食べたら本当に美味しくて感激。
ただ暑さですっかりやられて食欲が全くなく、他のものは残してしまい悪い事をしてしまった。

休憩してまた悪路を戻りバンテアイ・スレイへ。
ここはクバールスピアンの帰り道にあるためクバールスピアンで一緒だった観光客にまた出会う。

9d-3.jpg 9d-4.jpg


他の遺跡と少し違っていて、赤色砂岩、レンガなどが使用されていて
見た目が赤いなぁという印象。太陽の加減で午前中は真っ赤に見えるこらしい。

次に行ったのはバンテアイ・サムレ。
9d-5.jpg 9d-6.jpg

観光客がまったくいなくて一人寂しかったためフランス人カップルと散策。
ただこの遺跡を出た瞬間ものすごい数のバスが泊まり大量の人が押し寄せてきた・・・
物売りの子供たち大喜び!(笑)

日も傾いてきてとうとう最後の遺跡。プレ・ループへ。
ここはピラミッド式寺院で上に登ると眺めがとてもいい。

9d-8.jpg 9d-7.jpg

ここでの物売りの子が本当に可愛くてたまらなかった。
韓国人のにぎやかな大家族がいたのだけどじっと見ていたのが印象的でした。
帰っていく家族にもずーっと視線を送ってました・・・
9d-9.jpg 9d-10.jpg


これで3日間の遺跡観光は終了!共にめぐったバイクで記念撮影!
もうこの時点でお尻の皮がむけてました・・・(T-T)

9d-11.jpg


シェムリアップ最後の夜はアプサラダンスショーへ!
行ったのはアンコール・モンディアル。ディナービュッフェ付で12ドル。
ホテルからすぐだったのでお散歩がてら徒歩で。

午前中に予約していたので最前列のいい席をGETできました!
ここは団体ツアーの中に入ってるのでしょうね。
日本人、韓国人、中国人の団体がものすごい数きてました。
が、なんとみんなダンス最後まで見ないで帰っちゃうんですね・・・
ツアーってこうゆうところが融通利かなくて本当にもったいない!

初日に見た子供たちのとは違いさすがにみんなお上手でした。
いや、この子達も多分学生なんだけど。みんなすごくカワイイの。お顔が。
初日も見たけどココナッツダンス(左写真)が私はやっぱりお気に入り。

9d-12.jpg 9d-13.jpg


そんなお気に入りのかわいいダンスを動画でどぞ。(音でます)



ダンサーと記念撮影をしていい気分でホテルに戻るとまたもや運転手軍団と雑談大会。
最後の夜ということもあってホテルの前でみんなで大記念撮影大会!

「今度いつくるの?」とか「これもっていけー」とかお土産も色々もらって
本当にきてよかったなぁと涙。涙。涙。涙。
ま、きっと次の日の朝も会うんだろうけどね。
特にMr.Dとは本当に名残惜しかった(笑)もっと色々話したかったなぁ。

次の日はもう帰国!でも夕方まではゆっくりできるので
市内観光&ホテルでプール&エステ三昧することに。
(ここのホテルのスパエステはなかなか有名らしい)
Mr.Pも解放しようとお金の話をすると市内観光にも連れてってくれるという。
市内観光といってもマーケットでお土産購入くらいだったので断ったのだけど
トゥクトゥクも出してもらえるというし午前中だけということでお願いしたのでした。
いや、この日もかなり色々あったので終了にしてもよかったんだけど
基本的に根が小心な人だったようで(笑)いい人なんですよね。


そんなこんなで泣き笑いの最後のシェムリアップの夜だったのでした。

お風呂に入ったら・・・お尻しみました・・・(涙)





  1. 2006-12-21(Thu) 16:49:36|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 8

The suburbs(3)/2006.12.1

結局昨日から繋がってしまい今まで机で1時間寝続けてました・・・
今日も夜中から打ち合わせデス・・・忙しいのね・・・
お誕生日のケーキがこっそりおかれていました。
みなさんありがとう。

birth.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてそして遺跡観光2日目。
この日は郊外にあるベンメリアにいく計画をました。
ベンメリアは「天空の城ラピュタ」のモデルともいわれる崩壊しながらも美しい遺跡です。
ここはちょっと遠くてシェムリアップから車で2時間くらいかかります。
でもここは絶対に行きたい所だったのでMr.Pに相談したのでした。
今は道も整備されたしバイクなら1時間半でいけるよ!と言われバイク(2人乗り)で行く事に。

ただちょっと心配が・・・
有名な某ガイドブックには
「まだ周辺では地雷撤去作業をしておりさらに山裾を迂回するので
山賊にあう可能性があるので信用のおけるガイドをつけ車で行く事」との記載が。

地雷などは変なところに踏み入れなければ大丈夫と思っていたのだけど・・・
問題だったのはMr.Pをちょっとだけまだ信用しきれていないことでした。
そんな遠くまでいって何かあったらどうしよう・・・というのが一番悩んだところでした。
しかし朝はどこにいても来るのです。意を決して出かけることにしました。
ホテルの入り口をでると昨晩話していた運転手達が続々挨拶にきてくれて
「今日はどこへいくの?」「昨日ゴハン何食べた?」
「ここいったほうがいいよ」とか色々教えてくれる。
出発しようとバイクにまたがると「マスクもっていけ」とくれたり
「サングラスないの?これ貸すよ」と貸してくれたり(私はノーヘルだったよね・・・)
本当にみんな優しくしてくれて感激した。

Mr.Pは運転はえらく上手い。ただちょっとした悪路でガタったりすると
「大丈夫か?」と足を触ってくるのでだんだん心配になってきていたのだけど・・・

そんな複雑な気持ちでやっとついたベンメリア。
ガイドなしで行くと遺跡の前にいる案内人をつけることになる。
私はMr.Pがガイド代わりになってくれたので2人で入ることに。

本当に素晴らしい遺跡です!!
崩壊は激しいけれど深い森に覆われてなんとも神秘的なのです!!
ぜひ大きい写真でどぞ。

8d-2.jpg

8d-1.jpg


探検気分で歩き回っていると・・・なんとMr.Pが体調不良で座り込んでしまった・・・
近くならまだしもこんな遠くで具合が悪くなられては私としてはかなり心細い。
頭が痛いというのでとりあえず持っていた水にポカリスエットの粉末を入れて飲ませてみた。

・・・・・・みるみる元気になった。現地人が日射病かよ!!(と一人でつっこんだ)
Mr.Pはポカリをものすごい薬だと今も思っている。

一通りみてバイクを置いていたお店で休憩。

8d-4.jpg 8d-3.jpg


こんな道の横に巨大な遺跡が・・・学校帰りの子供たちがたくさんいた。
わかりにくいけどベンメリアより先の道路は舗装されていない。(写真右)

昼過ぎに見終わって途中の市場でMr.Pがごちそうしてくれたフルーツジュース。
これ全部のフルーツが混ざっていて激ウマ!!
そしてこのバイクに2人乗り。お尻がさすがに帰りは痛くてたまらなかった・・・

8d-5.jpg 8d-6.jpg


休憩後Mr.Pがちょっと観光料金が高いけどいいところがある。
というので連れて行ってもらった。
ものすごい悪路を1時間弱。胃がひっくり返るかとおもった。

ついたのはKang Pung Pluk。
水上家屋や学校が見れるという。なんと3時間のボートの旅。
ただお金がかなり高いので一般の観光客はほとんどこないらしい。
せっかくなので行くことにした。

ボートを運転してくれるのは少年。

8d-8.jpg 8d-7.jpg


いつまでこんな景色が続くんだろうと飽きるくらいこんな水路を行く。(左写真)
途中でMr.Pが買ってきた弁当を食べる。かなり美味しい!

しばらくいくと急に周りが開けてなんと水上に家がいっぱい!!
出発して30分はたっていたと思う。こんな奥にあるなんて!!
水上家屋はトンレサップ湖が有名だけどコチラのほうがおすすめらしい。

8d-9.jpg 8d-10.jpg


しかし・・・こちらが観光に来ているのに逆にここの住民達の視線が痛い。
ここの住人達は特に低層の人たちが暮らすところなのだそう。
「金持ちの外国人が何しにきたんだ!」とか思われていたんだろうな。

ボートの運転手の少年にコーラを途中で買ってあげたんだけど
そのコは自分の家に寄って妹にそのままコーラをあげていた。

なんとなく肩身の狭い思いをしながらすすんでいくと一気に視界がひらけた。
8d-12.jpg 8d-11.jpg


海のようだけど湖なんだって。でも・・・本当に何もなくてとにかく怖い。
広い海のど真ん中でただただ揺られているような感じ。ゾクゾクする。
本当に怖くて怖くてそこにとどまる時間を短縮してもらって引き返すことにした。
というか身の危険もなんとなくヒシヒシと感じたからだった。

また水上家屋の地域に戻ってちょっと安心すると、少しの時間上陸できるという。
丁度学校(写真右)があってそこに行く事にした。
子供たちが沢山遊んでいて写真を撮ってあげるとものすごく喜んでいた。

8d-13.jpg 8d-15.jpg


そこで30分近く子供たちと遊んでいた。すごく楽しかった。
みんなニコニコして最初は恥ずかしがって近寄ってこなかった子達も
徐々に慣れてきてみんなで縄跳びとかして遊んだ。

そこを離れる時ちょっと寂しくてウルっときてしまった・・・

帰りのMr.Pはひどかった。
とにかく恋愛ネタをふりまくってきて私はかなりウザくなってきた。
もう何言ってるかわからない振りをして最後は寝たふり。
いわゆる密室(?)に近いボートは逃げ場がないのが困った・・・
これがなければMr.Pは最高のドライバー&ガイドなのに。

船着場に戻るともうノドがカラカラ。
そこにいたサトウキビジューススタンドで一服。甘すぎる!!

8d-17.jpg 8d-16.jpg


そこの家族と、子供たちともすっかり仲良くなって1時間ぐらいやっぱり遊んでいた。
みんな可愛すぎるよ・・・

みんなと別れを惜しみながらまた悪路を戻りシェムリアップへ。

ホテルにヘトヘトになって戻るとまた運転手軍団が集まってきて
「ベンメリアどうだった?」「お昼何食べた?」とかなんとかでまた1時間ペチャクチャ。
実はこの中でもっとも話が合って仲良くなったMr.Dという青年がいた。
彼は友達の結婚式があるから一緒に行こうよ!と誘ってくれたり
お寺でバレーボールやサッカーをしているらしく、それにもよく誘ってくれた。
その日はヘトヘトで断ってしまったのだけど、
音楽にもとても詳しくて話しててなかなか楽しい青年だった。

そしてホテルに入ってフロントでまた色々この日の出来事を話し込んで30分。
みんなお話好きなのね。

そこでなんとベンメリアにいた2人組と出合った。
欧米人と日本人の2人組だったのだけどベンメリアではすれ違うたび
なぜか英語で話していた(お互い日本人かどうか微妙にわからなかった)

私が「あ!」と声をあげるとその人は日本語で「あれ?」と言ったので
日本人と確信(笑)久々に日本語で会話。あーーーラクチン。
このホテルに泊まっているわけではなく夕食だけ食べにきたらしい。

この日の夕食もMr.Pとクメール料理へ。
次の日も悩んだけれどMr.Pにお願いする事にした。
また遠出する予定だったので心配だったんだけど・・・


この日はなんか色々考えさせられた1日だったけどとても楽しい時間が過ごせた。


この日マーケットで水を買い足した。
無料でおかれているペットボトル4本だけでは毎日足りないからだ。

・・・・・次の日から無料の水が7本に増えていた。
素晴らしいホテルだぁね。




  1. 2006-12-20(Wed) 21:52:33|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 10

SiemReap(2)/2006.11.30

7d-1.jpg


そしてとうとうやってきました!!アンコールワット!
実はランチ場所で2時間近くも休憩してました・・・というのもこれから一番暑くなる時間。
そのままワットでサンセットも見る予定にしていたので
あまりに早く行くとそれまでにばてちゃうということでした。

このときにだいぶMr.Pと色々お話をしてお互いをわかりあったってかんじでした。
そして今回旅の指差し会話帳カンボジアが大活躍。

yubisashikaiwa.jpg

実は日本語、英語が通じないところでは必ず買ってもって行くのですが
いつも指差しを自体を使わず陰でコッソリ本を開いて文章を暗記して話すという事をしていました。
今回出して使ってみたらMr.Pはこの本すごく感動してましたね。
彼は英語全然堪能だったんですがカンボジア語で話すとやっぱり喜んでました。

早くワットを見たくて待ってられない私は「もう行こうよー」とムリをいい出発!
TVで見たことしかなかった、ずっとみたかった風景。感動しました。

7d-4.jpg 7d-3.jpg

さすがにすごい観光客。参道をのんびり歩いて中央堂にのぼることができるのですが・・・。
ものすごい急な階段です・・・それを這い登る人たち・・・(右写真)
目の前にするとかなりの傾斜で、階段もボロボロで幅も狭いので足を踏み外す危険大です。
それでも果敢におじちゃんおばちゃんたち、挑戦してました。
この下では疲れた人達が沢山休憩していてその人たちの視線も突き刺さってくるんですよね・・・
そして無事登り終えると拍手が・・・・恥ずかしい・・・
逆にココを降りてくる人は大喝采をうけます。それだけすごい階段なのです・・・
この裏のほうに手すり付きで上り下りできるところがあるので
降りる時はそちらを使う人がほとんど。大行列ができてました・・・
私も降りるのは手すりつきじゃないとムリでした・・・

そして歩き回ること数時間・・・すっかりばててしまいました・・・
17:30までのサンセットまであと1時間。
もう今日は見なくていいや・・・とトゥクトゥクに戻るとMr.Pは
「なんで戻ってきたの??」と驚いて駆け寄ってきました・・・
「疲れちゃったからもう今日は帰ろう」というと、「あとちょっとだし見ていけば?」と諭され
あの長い参道を見て私は「もうあの距離さえ歩きたくない・・・」と弱音を吐くと・・・
「よし、乗って!!」とトゥクトゥクに私をのせて違うところに連れて行きました。

それが、アンコールワットの真裏。実はこちらにも入り口があります。
工事をしていて入り込めなさそうになっているのですが入れます。
7d-6.jpg 7d-5.jpg

そう、裏からだとすぐ建物に入れるんですね。
そしてMr.Pが買ってくれたもち米?みたいのにあずきが入ってる食べ物をお尻にさして
頑張ってまたあの階段を登ったのでした。サンセットまであと5分!
というところで上に到着。しかし・・・デジカメのバッテリーがあと2分しかない・・・

そんな中撮った写真がコチラ。5枚撮ったらバッテリー切れました。

7d-7.jpg


本当はプノン・バケンという山の上の場所で見るのが一番らしいのですが
スミマセン、面倒くさがりましたワタシ。

そして見終わって手すりの階段を目指してダッシュしたもののすでに長い行列が・・・

やっと降りて帰ろうとあたりを見回すとみんな元の参道を通って帰っていく。
私は裏口。あっという間に陽は落ちて人気は全くなく、遺跡の中は真っ暗。足場も悪い。
本当にものすごく怖かった・・・
真っ暗闇の中走って裏の入り口へ。ポツンといるMr.Pと検札のお兄ちゃん。
涙が出そうになりました・・・マジで。

そしてホテルにいったん戻りこの日はMr.Pとゴハンを食べる事に。
クメール料理三昧して帰ってきました。

Mr.Pもよくしてくれてたので次の日もお願いする事に。
次の日の予定をホテル前で立ててると次々にドライバー仲間が集まって
結局6~7人くらいでワイワイ騒いでたらあっという間に1時間も過ぎていました・・・

この日は眠くてたまらなかったけどお風呂は絶対!
じっくり入ってあっという間に寝たのでした。

遺跡めぐりに懐中電灯は必要・・・と感じた1日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のロナウジーニョとデコは最高でした。
シャビも途中で出てきたし大満足!!
本当に楽しそうにサッカーをするバルサに感激し通しの夜でした。
席もかなりよかったです☆奮発したかいがあったな!

toyota1.jpg toyota2.jpg




  1. 2006-12-15(Fri) 16:06:56|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 18

SiemReap(1)/2006.11.30 & 今夜はサッカー観戦!

今日のFIFAクラブワールドカップは「クラブ アメリカ vs FC バルセロナ」!
いやぁなかなかいいカードになったねー。満足。
一緒に行きたいなぁと思っていた人が
出張が伸びて海外から帰ってこれず直前で振られたため(涙)
浮遊していたチケットは今朝マイパパンの元へ落ちました。
ということで今夜は父娘で仲良く横浜国際総合競技場で観戦デス。
最初は「寒くてイヤダ」と渋っていたパパンですが
「おにぎり作って持っていくぞぉ、中身は何がいい?」と今朝張り切ってました。

私がサッカーに興味あるのが意外に思われているようなのですがもちろん毎回ニワカですよ(笑)
でもバルサは去年カンプ・ノウで見てから大ファンです。
勝っても負けても見ていてとっても楽しいチームだと思うのです。

サッカーといえば、丁度バンコクにいたとき中田ヒデも来ていてムエタイ修行をしていたとか。
そして私と時を同じくしてシェムリアップに移っており遺跡見学をしていたんですって。
本当にすっかり旅人になってるんですねー。さすが世界2周チケットを持っているオトコ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、今日からシェムリアップですー。
遺跡写真は後ほどtrankixx!にアップする予定でっす。

この日は6:30起床。準備して7:00にレストランで朝食。
こちらの朝食はアメリカンorコンチネンタルが選べます。
私は毎日アメリカン(こっちのほうが安かったから)

6d-1.jpg


にしてもすごいボリュームでおなかいっぱい。
パン(トースト&デニッシュ類選び放題)、生フルーツジュース(5種類)、
生フルーツ盛り合わせ、コーヒーまたは紅茶。
朝はいつもほとんど食べないけどこの暑さで遺跡めぐりはさぞ辛かろうと頑張って食べました。

そうこのホテルは、扉にかける札こんなのがあるんです。シェムリアップならではですよね。

6d-2.jpg


8:00-迎えにきたドライバーはMr.P(あえてイニシャルのみにしておきます・・・)
カンボジアとチャイニーズのハーフの人でした。

とりあえずこの日回るコースを確認。
何も考えてなかったので全部考えてもらう(笑)

アンコールワットは太陽の加減で見え方が午後のほうがいいため先に違うところを回ることに。

そしてチケットチェックポイントで写真を忘れた事に気付く(日本に)
しょうがないのでその場で撮影(タダ)
3日券を購入。40ドルなり。
6d-20.jpg


まずはアンコールトムのバイヨンへ。建物としては実は一番好きかも。
観世音菩薩と宇宙を感じさせる遺跡で有名。
6d-3.jpg 6d-4.jpg

物売りの子供たちも常に寄ってきて大変。
でもおねーさん、冷たいので今回何も子供たちから買ってあげませんでした。
ゴメンナサイね・・・。しかし日本語が達者な子供たちが多い事!!
私はこの4日間で一生分「おねーさんカワイイ」と言われたと思う。

次に行ったのはバプーオン。3層からなるピラミッド型寺院。

6d-5.jpg 6d-6.jpg


そしてピアナカス。天上の宮殿の意味を持つ遺跡。

6d-8.jpg 6d-7.jpg

子供は写真撮って!ってとも寄ってきます。
この子は撮った後「1ドル・・・」って言いました。飴一つプレゼント。

そのまま、象のテラス&ライ王のテラスへ
象さんがいっぱーい!!なんかかわいい遺跡で気に入っちゃいました。
そして細かい彫刻がすばらしいものが多かったように思います。

と、同時に暑さにやられ始めてだんだんグッタリしてきたのもこの頃・・・
6d-9.jpg 6d-10.jpg


日陰を求めて道の反対側、プリア・ピトゥへ・・・
傷みが激しい遺跡で、観光客まったくおらず・・・

6d-12.jpg 6d-11.jpg


そしてなぜか行って来いの道路の反対側プリア・パリライへ。
詳しいことは不明な寺院。整備はまだされていないらしい。
無計画すぎて体力を消耗しているとやっと気付いた私・・・アホだ。

6d-13.jpg


そしてまた道の反対側を行って来い(涙)、北クリアン、南クリアン。
用途がわかっていない遺跡なのです。
6d-14.jpg 6d-15.jpg


そして次はトゥクトゥクで移動。
トゥクトゥクのドライバーは待つのが仕事といいつつも暇だろうなぁ・・・

タ・ケウへ。ここが未完成のまま放置されているピラミッド式寺院。すごくキレイな遺跡。
ただ階段がものすごく急で這い登る感じです。高所恐怖症の人はきびしいでしょ。
私はドイツ人カップルと助け合って(?)登りました・・・

6d-16.jpg 6d-17.jpg


そして汗だくになりながら次の遺跡タ・プローム。
いやいや、ここはすばらしかった。ココだけ異常に写真があります・・・
そのほんの一部ですが・・・
巨大な樹木が遺跡にからみあってなんとも神秘的な場所なのです。修復もされていないし・・・
映画「トゥームレーダー」の舞台なんですよね?

6d-18.jpg 6d-19.jpg


見終わった後グッタリしながら小さいレストランでフォー(?)&コーラがぶ飲み。
午後の部、アンコールワットへ向かったのでした。

初日から飛ばしすぎている予感もなきにしもあらず・・・

続く・・・





  1. 2006-12-14(Thu) 12:11:24|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 14

タイで買ったもの&来年の会社年賀状

ほい、ちょこっと休憩。

というわけで今回タイで買ったものです。

sho-2.jpg sho-1.jpg

sho-3.jpg sho-4.jpg

sho-5.jpg sho-6.jpg


上段左)ジム・トンプソンのシルク象さんぬいぐるみ

上段右)ジム・トンプソンのポーチとバッグ、トート(写真ナシ)

中段左)すっかり去年からファンのTODSのキーホルダー(カバンにつける用)

中段右)自分への誕生日プレゼント&1年のご褒美にTODSのバッグ→超高かったっす(涙)

下段左)英文を読んでも不明な美容モノと頬紅。コンビニで購入
 (多分洗顔料?タイベストプロダクトアワード1990ってだけでなんとなく購入)
  
下段右)TODSで買い物したらもらったキャンドル象さん。2個もらったけど1個割れた。

以上デス。

あ、これもだ!
リップクリーム!ロールオンタイプなのですが・・・
香りは独特(バニラを濃くしたような・・・)なんだけど超シットリ。
もっと買いためておけばよかった~と後悔したものです・・・

lipcream.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして好評を頂いている(?)会社のSeason's Greeting 年賀状ver.
去年に引き続きまたまたうちの若者がスタッフ総出演のもの作成しました。
nenga2007.jpg

ご希望の方はお知らせくださいませませ。
(尚、会社情報が満載のため顔見知りのお友達に限らせていただきます。すみません・・・)

ああー自分の年賀状も作らねば・・・
プリンター壊れちゃったので新しく買おうとしています。
今どこのがアツイのですか?(いや、熱をもつとかじゃなくて・・・)





  1. 2006-12-13(Wed) 12:29:31|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 14

Bangkok→SiemReap 2006.11.29

この日の昼過ぎの便でカンボジアのシェムリアップに移動。
微妙な午前の時間をマッサージで過ごす事に。
ホテルの近くに前に気に入ったマッサージの支店があったのを思い出し
朝イチで行ってきました。
ついでに合わせてネイルもやってもらって1時間400B。やっぱり安いなー。
5d-1.jpg

日本で高いマッサージを3時間受けるんだったら
バンコクにわざわざ来てやったほうが安いんじゃないか?と思うくらい。
こんな早くから来る人もあまりいないらしくお店も貸切状態でのんびり過ごしました。
終わってお店の人と話し込んでたら
出発の時間が迫ってたのでホテルまでダッシュ!→汗だく(涙)
ヘタレてホテルのリムジンで空港まで行っちゃいました・・・

新しい空港はキレイでお店もたくさんあるので飽きることなく過ごせると思います。
ただ私は空港使用料(500B)を支払わず
ゲートを突破した為ものすごい勢いで止められましたが。

シェムリアップに行く小さいプロペラの飛行機には日本人は私一人でした。
欧米人のカップルが本当に多い!!こんな仲良く旅できる恋人いたらいいよねー。
(日本人はこーゆーカップルって少ないと思うのは私だけ?)
5d-2.jpg 5d-3.jpg


飛行機から見る景色は緑や青が多くてとてもキレイ。
シェムリアップにはたったの1時間で到着。

5d-4.jpg


ビザ前もって取ってたのは私だけでした(笑)なので一番乗りで入国完了。

ホテルの車に迎えに来てもらっていたのでドライバーを発見してホテルに向かいました。
そう、ここからカンボジアの洗礼が・・・
「日本人?」「一人?」「何歳?」「結婚してる?」「恋人いる?」そして・・・
「明日からの遺跡見学のドライバー決まってる?」
きたきたきたーーー!!予想通りの流れだったのでやんわり
「疲れててまだ何も考えられないの、ごめんね」とお断りしました・・・

そう、今回一番悩んだのはガイドとドライバー。
こればっかりは雇わないと広大な遺跡を回ることは不可能。
かといって団体のツアーに混じるのは絶対にイヤ。
でも女一人でそれも日本人。事件も頻繁に起きておりかなり慎重になっていたのでした。
ま、このことは後ほど。

シェムリアップで泊まったホテルはコチラ→SINTA MANI HOTEL
shintamani.jpg

全17室しかない小さなホテルですがホスピタリティは最高でした。
部屋数が少ないだけあってホテルマンは全ての客を把握しており
かならず名前を呼びかけてくれるのには嬉しかったですね。
まず行くと歓迎の意味もこめてこんなものを首にかけてもらえます。

5d-5.jpg


そして全館を案内してもらい部屋でチェックインができます。
私は1Fで扉をあけるとすぐプールサイドに出れるお部屋でした。

5d-6.jpg 5d-7.jpg

5d-8.jpg 5d-9.jpg

5d-10.jpg 5d-11.jpg


そう、中段の写真は、扉をガラっとあけるとお風呂なんですねー。
ウェルカムフルーツの椰子の実ジュースはまずかった(笑)マンゴは激ウマ!!
プールもみんな夜中も入ってましたよー。

この日はなんだかんだであっという間に夜になってしまったので
ホテルのレストランで食事をすることに。
丁度クメールナイトというイベントがあって地元の子供たちがクメールダンスを踊る発表会?があったんですね。

こちらのホテルは子供たちや学生を支援する活動も行っており
ホテルマンもレストランも学生が数多く働いてるのです。

5d-12.jpg 5d-13.jpg


たどたどしくて可愛かったですね(笑)
ぜんぶで7種類くらいの色んな踊りを見せてくれました。

このときのお食事はクメール料理のコースにしてみました。

5d-15.jpg 

食後ホテルの方と遺跡めぐりの相談。
ガイドは人数多ければいいけれどやっぱり一人だと割高だったので断念。
とにかくあまり評判のよくない噂ばかりのドライバー事情。
悩みに悩んでとりあえずホテルを通して
トゥクトゥクのドライバーを朝8時から一人雇う事にしました。

いい人に当たるといいなぁ・・・と思いながら
バンコクでお世話になった方たちにメールしようとライブラリのPCを借りたのだけど・・・
hotmailのトップページにたどり着くまでにまでに15分・・・回線遅すぎ。

諦めました・・・


  1. 2006-12-12(Tue) 13:59:32|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 20

Bangkok(4)/2006.11.28

昨日は家にたどりついたのがお昼12時。
休み明けでこの長丁場、きつかったっす・・・夕方まで死亡。

更に更に参っております。
5日間お腹を壊し続けていてお腹と背中がくっついちゃいそうです。
さすがにさっき病院へ駆け込みました。
多分今流行ってる腸炎だと思うのですが「長すぎますね~」とつぶやかれ・・・(恐)
薬で1週間様子見てダメだったら検査らしいです・・・
昨日もみんなに急激に痩せすぎだよ!!どうしたの?!と言われまくっており・・・
でも食欲は旺盛でパクパク食べてるんだけどね・・・全部あっと間に・・・なくなるわけで。
スミマセン朝から・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなわけで4日目です。

この日は実質最後のバンコクの日。
実はもう暑くてどこかに観光という状態じゃなかったわけで・・・
この日は遠出しないと決めていました。パタヤ行きたかったんだけどね・・・
というかバンコクって観光する場所ってほとんどないですよねぇ。

まったく買い物をしていなかったので朝からタイのシルク王ジム・トンプソンのお店へ。
ホテルから近かったのでテクテク歩いて行ってきました。

4d-1.jpg 4d-2.jpg

下の大きいバックはママンに。ポーチとミニトートは自分とお友達に。
・・・と思って買ったんだけど自分の物にしてしまいそう・・・
ピンクのポーチとミニトートは象さん柄で超かわいいの!!!

そしてずっと狙っていたのは・・・・シルクの象さんのぬいぐるみ!!!
これは、旅立つ前からどうしても欲しかったのですー。
お友達用にも買ったんだけど・・・ちょっとこれも全部自分のものにしたいんだな。
これだけ買っても安かったです。免税で2000円くらい戻ってきたし。

そしてそのままサイアムへ行ってランチ。トムヤンクン麺を食して
ホテルに戻ってきました。

実は前日にこの日の14時からスパエステを予約してたんですねー。
それもボディ&フェイシャルの合わせて約4時間のコース!!
ホテルのすぐ裏にあるDehra Beauty&Spaに行ってきました。

このホテルに泊まってると更に10%OFFだったのでした。
4d-3.jpg

いい香りが漂っててなかなかリラックスできました。
ただスパエステって実は苦手だったり・・・
いくら女性が施術してくれるといっても
どどーんと裸体をさらけだして触られまくるのは(笑)結構勇気がいります・・・

そんなこんなでスッキリした4時間後。お顔もカラダも超しっとり。
次回はフラワーバスも入りたいわ!と思いながらホテルに戻りました。

そしてこの日の夜は行きの飛行機でお知り合いになった
バンコクに出向して4年在住してるMさんがお食事に誘って下さったので行ってきました。
運転手付きのデカ車で迎えに来ていただいた時にはビックリ。
バンコクにいる日本の商社の方って・・・すごいんですね・・・

深夜までその運転手さんもつき合わせてしまいなんか申し訳なかった
・・・となんとも心苦しく思ってしまう私でした・・・

フカヒレ専門店でフカヒレ料理&アワビゴハンなどなどを10年分くらい食べて大満足。
お食事したのはHOCK SHARK-FINS RESTAURANT。
いやーこれだけ食べにまたバンコクに来たいくらい美味しかった!
そして安い!(ご馳走していただいたので多分ですが)

f_20_08s[1].jpg f_20_14s[1].jpg



その後レブア・アット・ステート・タワー・バンコクの上にあるバーレストランへ。
とってもきれいな夜景が見える素敵なところなのです☆
ただすごく混んでてバースデーパーティーをやってるグループや
欧米人でごったがえしてましたが!
写真を撮らなかったのでお借りしました。今度は泊まってみたいなぁ。

rebua.jpg


そしてそのあと後学のために!と連れて行っていただいたのは
やっぱりゴーゴーボーイズでした(笑)ゴーゴーボーイズは検索してねん。
前日と同じ客引き達に相変わらず強引に店に連れ込まれそうに。
ただこの日はちゃんとお店に入って約1時間ショーをじっくり堪能。

もうここには書けないくらい18禁のものすごい光景が繰り広げられてました。
私は素直に楽しめましたがダメな子は絶対にダメでしょうね・・・

丁度非番だったそのお店ナンバー1の子がずっと横に付いていてくれていまして
(Mさんはお客さんもたまに連れてきていて常連だったようでその子を呼んでくれたんです)
いやいや、はっきり言ってしまえばワタクシうかれすぎ!超ハッピーでした。
その子がとにかくかわいい!完全なジャニーズ顔なんです・・・
タッキーと山ピーと亀梨くんと赤西くんとJr.軍団とキムタクなどなど足して割ったかんじ。
そんな子が色々かいがいしくお世話してくれるんですよね・・・
途中何人も横に違う男の子が来ましたが私、見向きもしませんでした。(←ひどい)

この子が非番でよかったなと。この子がそのショーをやってる姿をみたら
きっとおねーさんはショックを受けてたと思うのよ・・・

最後にお店の人に「(その男の子を)お持ち帰りしますか?」といわれたので(苦笑)
丁寧にお断りさせていただきました。
そしたら今度はMさんが言われてました・・・アハハ

こちらでは男性が男性を、女性が男性を求める場所なのだそうで。
それにしても女の人全然見なかったなー。ゲイの方は沢山いました。
ゴーゴーバーの女の子は容姿がほとんど似てるけど
ボーイズはバラバラだなぁという印象でしたね。

そんなこんなですっかりいい気分の私。
その後、またまた日本人が集まるタニヤ地区の女の子がついてくれる
カラオケのお店(?)に連れて行っていただいたのですが
もうお店がしまる時間で女の子が帰ってしまっていて残念ながら
体験する事ができずホテルに戻ったのでした。

そんなバンコクの最後の夜。
興奮してたのか?(笑)頭が冴えまくってその日はなかなか眠れなかったのでした・・・

いい経験させていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして先ほど100円ショップでまたもや50万たまる貯金箱を購入。
前はキティちゃんの可愛いのだったから貯めるの楽しかったんだけど
コレは・・・うーん・・・なんとなく楽しくなさそう。
シールでもペタペタ貼ろうかな。

500.jpg






  1. 2006-12-11(Mon) 12:55:59|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 21

Bangkok(3)/2006.11.27

なんとこの3日間お腹を壊しています。
なんで?今更?密輸したフルーツせいなのか?
それともノロウイルスなのか・・・どちらにせよハライタなのだー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで3日目。起床8時。

旅に出るとシッカリ朝食をとる私。ここのホテルの朝食はビュッフェだけど品数豊富。
日本食もありました。
タマゴ料理は別につくってくれるし、フルーツも
スイカ、マンゴ、パイナップル etc... どどーんと巨大なのをだしてくれます。mixもできた!

この日は王宮/ワットプラケオ、ワット・ポーへ行く予定。
王宮へは最寄の駅から一本で船が出る駅までいけたので船で行く事にしました。
観光客ですごく混んでるけどなかなか気持ちよくてヨロシ。

3d-1.jpg 3d-2.jpg


船着場につくとマーケットも大賑わい。トゥクトゥクも戦闘態勢!

3d-3.jpg 3d-4.jpg

王宮は船着場から歩いてすぐ。
服装のチェックが厳しいときいていたので気をつけて行ったつもりでした。
肌の露出や、サンダルはNG。まず最初の第一関門を突破。
ここを抜ければもう大丈夫!とほっとしていたのだけど・・・
チケットを買っていざ中に入ろうとすると・・・・
「STOP!!オマエソレダメ!戻れ!」と入れてもらえませんでした(涙)

えっと、ジーンズの膝部分が破れてたんですよね・・・それでNG。

また暑い中延々と歩き入り口まで戻って布を借りて(タダ)
それを巻きつけて見学しました・・・(下の写真・・・)
むれてすごく暑いし・・・汗はダラダラ流れるし、ほんと悲惨。
他の観光客にはコイツだめだったんだって目で見られて(いるような気がした)

3d-5.jpg


そんなわけで金ピカのワットプラケオ見学。

3d-6.jpg 3d-7.jpg


ただ見終わってふと気付くとチケットが一枚余っていた・・・
今更なんだけど多分ものすごく大事な何かを見逃している気がしてきた。もしや王宮みてない?
誰か・・・行った人教えて・・・2枚チケットあって入り口で一枚切られてあと一枚はどこで??
すでにチケットなくしちゃったし・・・

そしてそのまま歩いてパッカーの聖地カオサンロードへ。
途中オジサンがずっと案内してくれて迷わずいけました。
聞いてないのに道案内、聞いてないのに時間を教えてくれる、見てもないのにニコニコ。
ほんとタイ人ってステキね。
カオサンは昼間は特に・・・って感じですが
今後のため(?)に見ておきました・・・この雰囲気嫌いじゃない!

そしてそのままワット・ポーまで歩こうと思ったんだけど暑くて断念。
途中でトゥクトゥクを拾ってしまう根性のなさ・・・

ワット・ポーはこじんまりとしているけどこのドデカイ仏様が有名。

3d-8.jpg 3d-9.jpg


このワット・ポーの境内には「ワット=ポー タイマッサージ学校」があって
マッサージ師の養成とマッサージの実践を行っているのです。
ということで早速マッサージへ。今回はリフレクソロジーのみにしました。
隣に座っていたドイツ人夫婦とマッサージのお姉さんと和気あいあい。えらく楽しかった!
ただ人気があるのでちょっと待つかも。

3d-10.jpg 3d-11.jpg


そしてまた船で戻り一休み。サイアムのマンゴタンゴで休憩。
ここは有名なんですねー。ちっちゃいお店に日本人の女の子が沢山いました。
3d-12.jpg 3d-13.jpg

そして夕方一旦ホテルに戻るもお昼を食べていなかったのでハラヘリ。
このホテルオープンカフェバーが併設していてなかなか雰囲気もよいのです。
というわけでここで、夕食も近いのもあってまたデザートを食す。(上の写真右)

そして夜はタイにお詳しいNさん、とそのお友達Mちゃん、Kちゃんの総勢4人で
バイヨークスカイのビュッフェへお食事。
その後こちらの360度回転する展望台に連れて行っていただきました。
3d-14.jpg 3d-15.jpg

回ってるから写真はブレまくり・・・キレイでしたー!!

その後、夜大賑わいのパッポンへ!
怪しい露天が立ち並び(朝には跡形もなくなくなっている・・・)
怪しいお店と客引きがわんさか。でも見るだけで楽しいぞ!

そんな中、初めてゴーゴーバーなるものに突入しました。
(少々写真にいけない文字が入っていたので処理させていただきました)
ゴーゴーバーとは・・・検索してねん。
3d-16.jpg 3d-17.jpg


これか・・・世の男達を惑わしているものは!!
女の子たちはみんなすっごく可愛いし
女の子がいっても楽しいトコでしたけど、あまり周囲は見ちゃいけない気がした・・・
ちょっとだけ男性陣の気持ちわかった。うん、わかるよ。
こんだけ可愛かったら連れ歩きたいもんね。
女の子と写真も何枚か撮っていただきました!
しかし、これで収入を得ているという女の子たちの現実・・・なんとも。

そしてそのまま後学のためにとゴーゴーボーイズの通りへ連れていっていただきました。
ゴーゴーバーの男の子版ってのがわかりやすいのかな?
とにかく客引きがすごい。
ぼーっとしてるとものすごい力で腕をひっぱられて店に連れ込まれそうになる。
その通りを歩くだけでかなり面白かったけど。ほんとかなり強引。

そのまま、マッサージ行きたいー!!(本日2回目)の私の一言で女の子3人で1時間のマッサージ。
2人がかりで頭までもやってもらって超極楽。チップも入れて500B。
このお店はかなり上手でとっても気に入りました。名前失念・・・

そして、またまた食に走ってしまいました・・・屋台で思いっきりタイ料理三昧。おいしー!!
途中虫さんを売りに来たので果敢にチャレンジ!食べてみました。
コオロギさん、アリさん、カエルさん、なんかイモムシさんみたいのとか。
アリさんはなかなか美味、コオロギさんは・・・ムシ臭が結構あった・・・
食べれなくはないけど・・・ちょっと苦手だったかも。
カエルさんは問題なく食べれました。鶏肉みたいですよね。
3d-20.jpg 3d-21.jpg 
3d-18.jpg 3d-19.jpg

写真→虫売りに来たオッサン。そして虫だらけのテーブル・・・
タイスキも美味しくいただきました☆

気付けば夜中の3時過ぎ・・・
タクシーでホテルに戻ってお風呂にトップリ1時間入って就寝。
なかなか充実した夜でした。







  1. 2006-12-08(Fri) 12:58:26|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 20

Bangkok-Ayutthaya(2)/2006.11.26

昨日は三鷹の森ジブリ美術館へ打ち合わせ&お仕事するアーティストのライブに行ってきました!
ミニシアターで見させてもらった宮崎駿監督の最新作ショートムービー「星をかった日」に大感激。
たった15分の作品でしたが最高でした!!やっぱ、おとーさんすごいよ!
原作は井上直久氏の「イバラード」これだけ見に行っても損はないのでぜひ!!
クリスマスツリーも可愛かったにょ!

jiburi1.jpg jiburi2.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで2日目のバンコクは・・・(長文)

起きたら8時!!6時半に起きる予定が!!
その時点でこの日アユタヤをやめて王宮など近場の名所に行こうかと考える。
・・・・が初志貫徹。ホテルで朝食もちゃっかり食べて出発!
いや、朝食美味しくてとっても良かったんだけどさ・・・
もう見ていてありえないカップルがチラホラいてね・・・ちょっと朝から凹む。オッサン!!!
(多分バンコクにいったことある方はおわかりだと思ふ・・・)

外にでるとあまりの暑さに駅までの徒歩を諦める。
途中にいたトゥクトゥクに乗ってアユタヤに行く電車が出るフェアランポーン駅まで行く事にする。
途中、「シルク好きかい?」と言われたので
ん?これは?と思い「あんな薄っぺらい意味のない布のどこがいいのよ?」と言ったら
ちょっと悲しそうな顔をした運ちゃん。隙を与えちゃいけないと思い
「急いで!急いで!電車出ちゃうから!!」とひたすら叫び続けること5分。

無事ダイレクトに駅に到着。
せいぜい二等車両に乗ろうと思ってカウンターにチケットを買いにいったら
次に出る列車は鈍行(2時間)&すべて3等車両(エアコンなし)のみだという。
出発5分前。次の電車は45分後。
ふぇーと思いながら寝坊した私がいけないんだと15B(約45円)でチケット購入。
3等車両は思いのほか心地よくエアコンがなくても十分入ってくる風で気持ちが良かったし
見慣れない景色も手伝って2時間はあっという間でした。

ayutaya1.jpg ayutaya2.jpg

ayutaya3.jpg ayutaya4.jpg


アユタヤの駅に降り立って船で遺跡のある向こう岸に渡る。3B(約10円)
汗ダラダラたらしながら強引な客引きを避け少し離れたところでシクロを4時間契約。
しかし思いっきりふっかけてきたので思いっきり値切ったら相当嫌な顔をされる。
自転車だからトロイけど街中をゆっくり見れていいカンジでした。

ayutaya7.jpg ayutaya8.jpg

ayutaya5.jpg ayutaya6.jpg


一応行った遺跡の写真を二枚づつ。
近々trankixx!にでもアップします・・・といいながら1年とか経つ予感。
といってもアユタヤは遺跡が全部似ていて
はっきりいってしまえば飽きたなー・・またかこんなかっていうのが感想。
いや、すばらしく心を打つものもたくさんあるんですよ!

そしてどこからどこまでが同じ遺跡だったのかもう・・・
・・・もう・・・もう!!!わかりません・・・ゴメンナサイ。
ズボラな性格がこんなところにまで影響が。

○ワット・プラ・マハタート(自信アリ)
1767年にクメール様式の仏塔を含めビルマ軍によって破壊。
境内にあるほとんどの仏像の頭が切られていて痛々しい遺跡なのです。

(左)写真を撮る時はこの仏様の頭より低くなって撮らないと監視のお兄ちゃんに怒られます。
(右)広大の敷地のどっか。頭のない仏像がずらっと並んでいるのです。

ayutaya9.jpg ayutaya15.jpg


○ワット・ラチャブラナ(多分)
お寺はスコータイ朝を併合してアユタヤの領土を広げた
第7代ボーロマラーチャー2世が王位継承の争いで
命を落とした2人の兄弟の遺骨を納めるために建てた寺院。
カンボジアによく見られるクメール様式の仏塔で、(アンコールワットに似てる!)
1957年の修復の際に地下から壁画が描かれた2つの祭室と宝物箱が発見されたらしい。

ayutaya11.jpg ayutaya12.jpg


○ワット・プラ・シー・サンペット(自信アリ)
1491年に建てられた王族の守護寺院。
3つの大きな仏塔には、ラーマティボディ2世とその父、兄の遺骨が納められています。
ここもまたビルマによって破壊されたところです。

ayutaya13.jpg ayutaya14.jpg


○ワット・ロカヤスタ
心細い道をぬけると急に視界がひらけます。
その草原に悠然と横たわる高さ5m、全長28mの白い巨大寝釈迦仏像。
アユタヤ王朝陥落時(1767年)に大部分がビルマ軍の破壊に遭い、現在は涅槃仏のみが残っています。

(左)とにかく大きい。腕の部分にみんな金箔を貼り付けてお祈りしてました。
(右)なんだ?このアングル。この仏像の周りには大量のニワトリの置物が・・・

ayutaya17.jpg ayutaya16.jpg


ここの土産物屋のおばちゃんに奇跡のメダイを褒められた。
コレ、キリストだよって言ったら苦笑い・・・

そして象!乗ってきちゃいました・・・記念撮影もしちゃいました。
ちゃんと収益、象さんのために使ってね。安くないんだからさぁ(T-T)

ayutaya18.jpg ayutaya19.jpg


(左)客待ちの象たち。キャバみたいに指名されるとノソノソ乗り場にやってくる。
(右)乗りながら苦労してとった尻尾

一通り見てまた渡し船にのり駅まで戻る。
その間もバイタク、トゥクトゥクの執拗な客引きとバトル。
帰りの電車の時間をまったくチェックしていなかったので45分も待ち時間があった・・・。
本当に計画性なし。

しかし時間になってもいくら待てども電車が来ない。
それから1時間・・・・こない・・・
ホームには人が溢れてきて騒々しくなってくる。
こんなことならバスで帰ろうと立ち上がって
ふと後ろを見ると日本人の女の子がポツネンと座っていた。

話かけると北海道からきたKちゃんという私より年上の人でした!
彼女も私に気付いていて声をかけようとしたらしいんだけど
「日本人?と思ったけど微妙に日本人に見えなくて話しかけられなかった」と言われますた(涙)

それから15分ほどして電車が来たので乗り込むとやはり満員。
急行だったので行きよりは早かったけど(1時間40分くらい?20B)立ちっ放し疲れた~・・・

夕方17時半頃バンコクに到着。
20時半にサイアムでKちゃんと約束してゴハンを食べる事に。

私は速攻帰ってシャワー&洗濯!!
もう暑くて汗だくだったし着る物がいくらあってもたりない!

サイアムは初めてBTSを使って行きましたが電車乗るのももわかりやすいです。
待ち合わせ場所が微妙にわからなくてウロウロしてたらなんと!!
前日夜遊んでた買い物途中のM君と偶然遭遇!

結局3人でゴハンを食べる事に。
この日がバンコク最後というKちゃんのリクエストは
「ちゃんとしたレストランのタイ料理」。屋台ばかりで飽きてたんですと。

そんなわけでタイの金銭感覚ではありえない高級レストランへ。
(といっても日本の感覚ではとっても安いんだけど)

ayutaya20.jpg


水槽でエビとかサカナとか選んだよー。

そして食後満腹になりKちゃんをタクシーでホテルに送ってお別れ。
時は午前1時。私とM君は近くのマッサージ屋へGO!

1時間250B(約800円)もう日本では考えられない安さ。
そこそこ上手だったんだけどココは超怪しげマッサージ屋さんで
奥にいた男の人がわかりやすーく、やっぱり女の子をお持ち帰りしていました・・・・。

そんなで朝と夜のダブルパンチな上にこの日は疲れてグッタリ。
あっという間の就寝でした・・・




  1. 2006-12-06(Wed) 16:59:24|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 2|
  4. コメント 18

Bangkok(1)/2006.11.25

なんかねーオウチのPCがまったくネットに繋がらないんですわ!!!(怒)
そんなこんなでネットができるのはしばらく会社でのみとなりました・・・トホ・・・

今日の撮影は回避。
自分の仕事の打ち合わせ入れてたのすっかり忘れてたのでした・・・


ということで旅行1日目。
今回の旅はベタに観光だったので特にオモロイ話はないのですが覚書ということで。
お暇な方どぞ。



---この日は実はほとんど写真をとっていないのだ(暑くて)---

午前のSQの便で成田を発って14時半前にはバンコクに到着。
さすがアジア!感動の近さ!!
機内はオジサンばっか。えぇ、そうなんです、オジサンばっかなんですよ。
ほんとオッサンばっか(←シツコイ)

新しくなったバンコクのスワンナプーム空港の到着ゲートをくぐると
ものすごい人!人!人!!!出迎え、客引きでごった返してる!
一歩外にでると汗がどーーーーっと噴出してきた・・・
こんなに暑いなんて・・・・想定外・・・

怪しい客引きを振り切りとめどなく流れる汗をぬぐいながら
わけもわからず(多分)安全そうであろうタクシー(勘)に乗りホテルへ。
有名な渋滞前にはなんとかホテルに到着。

ちなみに私は毎回宿泊は部屋数少ないところを選ぶようにしています。
一人ということもあってもし何かあった場合
覚えておいてもらえる可能性が高いからです・・・。
あと、やっぱり一人一人にサービスが行き届いてる感が心地いいんですよねー。

今回宿泊したのはTriple Two Silom
一応全室スイートタイプのホテルらしい。

すごくキレイだし広いし従業員もとっても好感が持てる「当たり」なホテルでした。
隣にあるナライホテルの姉妹ホテルでプールとかサウナはナライのがつかえるようです。
ただBTSの駅からはかなりあるので暑いし、歩くのは結構キツイ。
トゥクトゥク、タクシー使えば全然OK!やっすいし。
でもそのお金をけちって歩いてましたが。

hotel1.jpg hotel2.jpg

hotel3.jpg hotel4.jpg


バスタブ有りでシャワーブースも別についてます。
廊下にはアロマライトが!!いい香りが1日中漂ってます。
お水も1日3本無料のものが用意されていてこれは嬉しかった!

一息ついてから携帯のSIMを買いに散歩がてら周りをフラフラ散策。
近くのセブンイレブンで購入するもあまりの暑さにやられてカフェへ逃げ込む。

夜は途中お知り合いになったペナンから遊びにきていたMくんと
今にも閉店しそうなハエがぶんぶん飛んでる暗い怪しい屋台店で夕食。
ゴハンの上にタイカレーやら肉やら野菜やら山盛りのせたもの。
50Bで満腹。恐ろしいくらい安い。そして美味しい。
これからの予定を聞かれて「うーん・・・どうしよー・・・うーん」と悩んで言うと
「あまりにも何も考えなさ過ぎ」と呆れられてしまった・・・

食後、そのままルンピニナイトバザールを散策。
Mくんのお友達Yくんも合流して
そのままそこにあるレストランで(私は)フルーツシェイク三昧しました。
その時Mくんが持ってたバンコクで売ってるマルボロに釘付け。
この写真の他にも色々嫌な感じの写真が数種類あって
タバコの有害さをアピールしてるのですね。

tabac.jpg


思えばバルセロナのタバコも「これ吸ったらオマエ死ぬぜ」的なことが
結構ダイレクトに書かれていたしなぁ。

そしてトゥクトゥクで夜中にホテルに戻る。
暴走しますね、こっちのトゥクトゥク。振り落とされるかと思ってビックリ。
そしてこの時にMくん達の値段の交渉術を見て値切りの勉強しました(笑)
戻ってからはたっぷりお風呂に入って就寝。
翌日はアユタヤに行くことにしたので早起きしようと思っていたのですが・・・ですが・・・

続く・・・


なーんでこの日写真撮ってないんでしょーねー?(笑)
初日にして暑さにやられてたわけです・・・


ちなみにその地を離れる時にはガイドブック類はその場で捨ててしまう派なので
細かい名称などなど間違えていたらゴメンナサイ。







  1. 2006-12-05(Tue) 10:24:56|
  2. Bangkok/SiemReap 2006|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 18
11 « 2017/03 » 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Archives

Search

コレ書いてる人

mamiko

4travel LINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。